ワイヤー/ケーブル

キータスパイア® PEEK

Click to enlarge

キータスパイア® PEEK は、優れた機械特性と耐薬品性を兼ね備えた半結晶性の熱可塑性樹脂です。幅広い温度範囲と過酷な条件で傑出した性能を発揮し、良好な電気特性を備えているので、ワイヤー/ケーブル用途でユニークな高機能特性を提供します。

主要特性

  • 最大温度 240℃で連続使用可能
  • 良好な電気特性
  • 低い発煙性および毒性ガス放出
  • 優れた耐摩耗性
  • 機械強度および寸法安定性
  • 最大温度 240℃で熱酸化に対する長期的な安定性(UL 相対温度指数)
  • 幅広い耐薬品性、および化学薬品に対する低い透過性


ソルベイのワイヤー/ケーブル向け製品は、広い温度範囲にわたって高い柔軟性、曲げ疲労特性、耐火性、良好な耐摩耗性などの優れた物理特性と化学特性が要求される用途に使用できます。ソルベイの製品はすべて RoHS に適合しており、鉛、可塑剤、ハロゲンを含有しません。

キータスパイア® KT-851 PEEK

キータスパイア® KT-851 樹脂は、特に連続押出し加工向けに設計された PEEK の高度ろ過グレードであり、銅やその他の導線への薄層絶縁コーティングに使用できます。卓越した耐薬品性、優れた耐摩耗性、および高い使用温度範囲(240℃で連続)を示し、卓越した難燃性と低い発煙特性を備えています。

LOI(限界酸素指数)は 35% で、燃焼時でも発煙は非常に少量です。例えば、大量輸送システム(車両)および航空機関連産業で使用されるワイヤーとケーブルは、火災発生時に乗客および乗員への危険を低減するために、難燃性が非常に高く、発煙量が非常に少なくなければなりません。第三者試験により、キータスパイア® KT-851 は UL94 の V-0 規格であることが示され、サンプルの点火後に発生した煙は検出下限未満でした。

代表的な用途

  • 軍用規格のケーブル
  • 高温に曝されるケーブル
  • 極端に低温または高温の過酷な環境で使用するケーブル
  • 制御ケーブルおよび測定用ケーブル
  • 熱電対のワイヤー(原子力発電所)
  • マグネットワイヤー

アバスパイア® PAEK

アバスパイア® PAEK 樹脂は、性能と魅力的な価格の独特な新規の組み合わせを提供します。PEEK では価格と性能特性のバランスを取りにくい場合や特定の用途に、アバスパイア® PAEK 製品を指定できます。

特に、AV-630 PAEK はワイヤー/ケーブル用途に最適であり、極小厚さ(5 μm)のフィルムに使用できます。

アバスパイア® PAEK は PEEK に似た特性プロファイルを有し、延性、高い柔軟性、および耐熱性の点で優れています。耐熱性、耐薬品性、優れた機械特性が要求されるニッチな用途、および鉄道、海洋、原子力、航空機関連などのターゲット市場で使用できます。PAEK 製品で製造されたワイヤーやケーブルは強靭性を維持し、良好な取り扱い特性を示すだけでなく、PEEK よりも製造コストが削減されます。

主要特性

  • PEEK よりも高い柔軟性
  • PEEK よりも高い強靭性
  • 高い荷重たわみ温度
  • より低いコスト
  • 一般的な加工装置で加工可能


PAEK 製品の耐熱性能と溶融安定性により、ワイヤー/ケーブル用途の加工が容易になり、長期間、高温で使用できます。

高温での機械的性能の比較

CurveData_Torsional-DMA_PAEK-PEEK_neat